注文住宅を建てるなら住宅模型を作ろう

私が家を購入する際、注意したことは、まず、建売でなく注文住宅の一軒家であることです。
家は一生に一度のお買い物なので建売で妥協するのではなく、自分で間取りを考え自分の思い通りの間取りで家を建てました。こういうことは建売住宅やマンションではできませんもんね。
だから価格的にはかなり無理をしましたが、結果として自分の満足できる家を購入できました。

そして間取りを考える上で重視したことは人の動線を考え、どこに各部屋を配置し、どこに扉を設置するか、物置・収納をどこに配置するかまでじっくりと考えました。
そして平面図だけではイメージできない部分もあるため、スチレンボードで住宅模型を作りました。住宅模型も間取り図も経験がなかったため、まず住宅模型作成の教室に通い、平面図、立面図の見方から始まり、スチレンボードの切り方、開口部分の開け方、間仕切りの組み立て方、窓やドア類のシールの貼り方、屋根の作り方など1から教わり、組み立てました。やはり平面図だけではイメージに乏しいですね。

やはり、家を建てる前に住宅模型を作成することをお勧めします。住宅模型は住宅会社に頼めば作ってくれるとこもありますので、相談してみて下さい。平面図だけではわからないことも見えてきます。